2017年05月28日

二つ名ジンオウガをクリア、二つ名10種攻略の王冠を獲得

昨日、二つ名ジンオウガ、金雷公の超特殊をクリアしました。
IMG_1067.JPG

超特殊ではライトボウガン、超鬼ヶ島を装備。
眠らせることをクエスト前に伝えて爆弾を持っていってもらい、開幕で眠爆。
その後麻痺弾で一度麻痺させ、その後は通常弾の速射をメインに立ち回り。後ろ足か顔を狙うのは相変わらず。

勲章はMHX時代にすでについているので、超特殊クリア時の色彩設定が可能になりました、の表示にて証とします。
クリア後、いつもならこれで集会場に戻るのですが、色彩設定が可能になりました、の表示のあとに、こんな表示が。
IMG_1068.JPG

…ん、だからなんなんだろう、と思ったら、名前の前についている冠が大きくなっていました。
IMG_1069.JPG
おそらく、
超特殊を1つでもクリア→小冠
超特殊を10種クリア→大冠
超特殊を全種クリア→大赤冠
という感じなのでしょう。
へっぽこハンターなのに見た目だけ立派になってしまった。

これで残る二つ名は
アオアシラ
ウルクスス
ダイミョウザザミ
リオレイア
テツカブラ
ナルガクルガ
ウラガンキン
イャンガルルガ
の8種類。
とりあえずは超特殊までのクリアを目標にしたい。
動きとして特に慣れているのは、レイア、ナルガあたり。
証がうまいこと足りれば武器を強化しますかね。MHX時代に作ったものがあるので。
…というか二つ名ってトータル18種類もあったのか。多すぎるなぁ。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 07:37| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

二つ名ガムートを攻略、そしてジンオウガへ。

さて、MHXXの話。
ひとまず銀嶺ガムートを超特殊までクリアしました。
IMG_1063.JPG
IMG_1064.JPG
野良でやってはいましたが、ふらっと訪れる402SPさんに大いに手伝ってもらってクリアしました。w
二つ名の中でも特に顕著な体力の多さ、そして攻撃範囲の広さ、読みにくさもあって野良でも失敗すること多数。
僕は貫通ライトボウガンでブシドースタイルで乗り切りました。

IMG_1065.JPG

IMG_1066.JPG

そして気づけばハンターランクが300を超えました。
二つ名メインで攻略していると2戦に1回くらいのペースで1上がって行くので、無駄に上がっていってしまいます。
中身がへっぽこなのは変わりません。
勲章も結構集まってきました。

現在は二つ名ジンオウガを攻略中。
といっても、実はガムート攻略の流れでジンオウガにも手を出したところ、402SPさんと2人でG4まではクリアすることができました。
狩り慣れている、ってすごい。動きがわかるとこんなにスムーズとは。
そして、後ろ足を攻撃しているとよく転ぶこと、顔を攻撃するとひるむこともあって、攻撃チャンスが多いのも助かります。
おととい、G5もクリアし、残すは超特殊のみ。
しかしいよいよ二つ名をやるプレイヤーが少なく、人が集まりません。
どうするかなぁ。

ジンオウガをクリアすれば、二つ名はMHX時代からいる面々の、クエスト受注ページの1枚目のみになります。
スイッチ版のMHXXがでるとかいう話ですが、データの引き継ぎ等の話がわからないのもあるため少し様子見。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 06:54| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

齢を重ねました。

昨日ですが、齢を1つ重ねました。
・仕事はまだまだ慣れませんが、なんとなく掴むものはある状況。
・自分のやりたいことをやれるのって幸せよね、というスタンスは相も変わらず。
・日本酒ナビゲーターに続き、きき酒師を取得しようかと画策中。難易度とか、どんな感じなのかを知りたい今日このごろ。趣味もとい酒味に溺れてみるのも一興。
・お酒のイベントとかにもお金と時間との兼ね合いがつけば足を運びたい。
・実名とまったく関わらないインスタで日本酒の写真をあげていたら、結構なフォロアー数になってきました。まったく見知らぬ人なんですけどね。不思議なもんです。
・誕生日祝いとして時計を奥さんにいただきました。前にも時計をリクエストして今回二代目。初代と同様、歯車が見えるデザインのもの。
・ハンター業も地味に続けて気づけばハンターランク300だった。別記事にて記載します
そんな29歳。平常運転でまいります。
posted by コバルトブルー at 06:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

二つ名ギザミ装備とライゼクス装備

一通り揃えてみた二つ名ショウグンギザミとライゼクス装備。
防具合成で見た目も変えてみました。
なんか、自分の中で超特殊クエストをクリアする目的としては、二つ名装備の色彩設定と合成ができるようにするため、というところで落ち着いているんだな、とふと気づく。

まずはランスでのギザミ装備から。
IMG_1053.JPG

IMG_1054.JPG

IMG_1055.JPG

IMG_1059.JPG

今回の見た目は甲冑にしました。
ランスやガンスを担いでガード主体で立ち回るのに、軽装なのはなんか嫌だったので。
武器は素紫でかつスロット、会心率もあるこいつがなかなかいい感じ。
お守りでつけるスキルは、見切りとか攻撃力とかスタミナ回復とかありましたが、とりあえずスタミナ回復を設定。
…あ、強走薬飲めばいいって話か。そしたら空きスロット考えて見切りか攻撃力に変更かな?

ガンランス用
IMG_1056.JPG

IMG_1057.JPG

IMG_1058.JPG
正直なところガンランスはあまり使わないので、とりあえず、という感じなのですが。
ギルドスタイルでないと操作方法が混乱してわからなくなってしまいますし。
お守りの関係で細菌研究者がつきました。まぁ無いよりはいいかな、と。
ガンランスを使う時にはフルバーストを叩き込みたいので、拡散や放射ではなく通常型で。


そして二つ名ライゼクス装備。
IMG_1060.JPG

IMG_1061.JPG

IMG_1062.JPG

和風装備のバリエーションに限界を感じつつある。w
ぜよぜよ装備をメインに仕立ててみました。
ネックなのが、匠スキルが+1であること。
+2か、いっそ匠なしで他の火力スキルだったらよかったのだけど…。まぁそんなもんです。
超会心、連撃がセットなのは嬉しいんですけどね。
お守りでつけるスキルもどうするか迷いました。
理想は業物がつけられるといいんですけどねぇ。残念ながらそんなお守りはありません。
そんなわけでとりあえず研ぎ師つけておきました。


さて、二つ名装備で一式そろえようかな、と思っていたものは揃えられました。
あとはとりあえず、クリアすることを目標に消化していこうか。
どれだけ野良で人が集まるかはわからないけども…。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 07:44| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

二つ名との連戦

今週は二つ名モンスターとよく戦いました。
まずは、二つ名のディアブロス。
とりあえずG5での勲章、そして超特殊クエストのクリアを目標にして望みました。
装備の強化については気が向いたら、ですね。
部屋を立てると割と早く人は集まりました。
ただ、なんというか、対二つ名ディアブロスでの高級耳栓のスキルの重要性を痛感しました。
自分が考えていた以上に、考えていた以上に耳栓をつけずにクエストに臨む人が多かったのですよね。
そして、耳をふさぐモーションが終わる前に突っ込んでくるディアブロスに、そのままキャンプ送りにされる人を何度見たことか。
耳栓スキルを軽視しているのか、マルチで4人でやればすぐに終わるからたいしたことない、と思っているのか、どうなのか…。
まぁ、クリアはしましたが。
幸いにもG5、超特殊の時にはかなりの手慣れの人が集まってくれたため、G5は7分、超特殊は8分でクリアという鮮やかな狩りとなりました。
久々にいい経験をしました。
IMG_3716.JPG

IMG_3714.JPG

そして次、二つ名のショウグンギザミ。
こいつは背中に背負う骨で攻撃パターンが大きく変わるため、慣れが必要です。
グラビの骨の時はノーモーション水レーザーに、ディノバルドの骨の時はディノがやる居合抜きのような溜め回転攻撃と似た動きに注意していれば、まぁそこまで苦労せずに倒せました。
基本は貫通ライトボウガンでべしべし撃っていました。
IMG_1050.JPG

IMG_1049.JPG

装備一式も作成し、フル強化までいきました。
ランス、ガンランスをかつぎたくなったらこいつを使うこととします。
その紹介はまた今度。


さらに、二つ名ライゼクスに挑戦。
こちらも装備一式がなかなか使えそうなので揃えることにしました。
同じ考えの方が多いのか、どのレベルでもスピーディに人が集まりました。
今なら証集め、素材集めで周回とかもしやすそうですね。
しかし、これもディアブロス戦の耳栓スキルと同様、雷耐性のことがネックに。
今作で人気なネセト装備で臨む方が多いのですが、これは雷耐性がマイナス10。
これがクエストのレベルが上がってくるとバカにならないのです。
それをG1クエストで察した自分は、燼滅刃装備にココットの心をつけて雷耐性を20まで引き上げて挑むようにしているのですが。
特に、角からのライトセーバーのようななぎ払い攻撃。あれは危険です。
SF作品でレーザー・熱線で蒸発するようなシチュエーションがありますが、まさにあのようなイメージ。
そのほかにも、引き寄せ電気、地面突き刺し範囲電撃がおっかない。なかなか緊張感の高い戦いです。
こちらも超特殊までクリアしましたが、超特殊で心がけたのは、いかに乗る回数を増やすか、でした。
麻痺武器などは同行者にもいなかったため、操虫棍使いの自分が乗ってどれだけタコ殴りにできるか、早く狩猟できるかを考えて動きました。
3回ほど乗ったところで無事クリア。よかったよかった。
IMG_1052.JPG

IMG_1051.JPG

さて、次の動きとしてはライゼクス装備がまだフル強化できてないのでそれを済ませ、それに合う武器を検討。
そのあとはまた何かの二つ名に挑もうと思います。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 07:33| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする