2017年06月24日

MHWとMHXXのスイッチ版について考える。

この1週間ほどですが、MHXXから離れ気味な生活でした。
二つ名を全部クリアしたところで、燃え尽き症候群のような感じになっています。
起動はしてもなんとなくやる気が起こらず、そのまま終了してしまう。
うーむ、どうするかなぁ。
まぁ深く考えすぎずに、やりたくなったらやればいいかな。

そして、今週はモンスターハンターワールド(略称はMHWでいいんでしょうかね)の実機プレイ映像の生放送がありましたね。
見させてもらいました。
いやー、面白そうだ。
グラフィックは3GのHD版でもすごく綺麗だと思ったのに、それを上回る様子。
それであれだけぬるぬるといろいろな動きがあるのだから驚きです。
これまでのムービーの雰囲気の中でプレイできるというような感覚なのですかね。
そして、エリア移動がなくなる、新しいアクション、マップを利用したギミックなどなど。
クエスト中に武器が切り替えられるなども嬉しいところ。
これは…すごく魅力的だ。
もしかすると、MHWへ心移りしたことがMHXXの意欲が落ちたのかも。w

結論として、MHWは買う方向で考えています。
自分自身がモンハンデビューが3Gであり、携帯機でプレイすることに慣れているため、据え置き機でのモンハンプレイの感覚がわからないのだけど…まぁそれはいいか。
また、そもそもとしてPS4を買う必要があります。
さて、いつどのタイミングで準備を進めていくか。
ドラクエとかも出るんですものね…持ってて損はないよね…、と自分に言い聞かせる。

さて、MHXXのスイッチ版について。
先日、友人が持っているニンテンドースイッチを触らせてもらったのです。
こちらも、そもそもニンテンドースイッチを買うかどうかについても、実物を触れてからにしたいなと思っていたので、とてもよい機会でした。
思った以上にグラフィックも綺麗で、動きもスムーズ。聞けば、コントローラーを分離しても操作の上で遅延はほとんどないとのこと。
この感じでMHXXをやれば…確かに面白い。MHXXスイッチ版のPVなども改めて見て、よりリアルなイメージを持つことができました。
スイッチねぇ…こっちでもドラクエとかでるんですものねぇ。スプラトゥーンはやっていないので今の所特にときめいてはいないのだけど。
まぁでもドラクエは3DSでも販売されるし、すでに販売されているマリカー8とかぷよテトとかはすでにWii Uや3DSでやっているし…。

いまのところ、スイッチでないとプレイが不可能というものは自分の中では少ないため、3DSで事足りているのですよね。
となれば、PS4に投資していき、3DSと住み分けをするのが良いか。
うむ、書きながら考えがまとまったかも。
よほどスイッチに感化されるようなイベントが自分の中で起こらなければ。w

ではでは。
posted by コバルトブルー at 07:33| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

二つ名ウルクスス、アオアシラを制覇。赤冠獲得。

やっとここまで、という感じです。
残り2つとなった二つ名攻略。
うさぎさんことウルクススから始めたのですが、これがまぁ大変。
野良で4人集まれば、G4くらいまではなんとかなったのです。
しかし、G5と超特殊が問題でした。
G5は二つ名、飢餓ジョー、二つ名という組み合わせ。
あまり飢餓ジョーと最近戦ってなかったこともあり、感覚を取り戻すのに一苦労。
そして緊張感が続いた中での2体目の二つ名うさぎさん。集中力が切れてくる中で長期戦はなかなか嫌なもんです。
そして、超特殊。何度リベンジしたことか。
超特殊補正の体力の多さ、攻撃力の高さ。
巨大雪玉ぶん投げ、ノーモーションの突進、回転スライディング…気をぬくとあっという間にやられます。
…酔っ払いながらプレイするもんじゃありませんね。基本的に野良プレイの時にはお酒入ってますし。乙りまくってしまいました。

昨日の夜、402SPさん、そしてとても上手なハンターさんがいらっしゃり、無事に超特殊をクリア。
達成感、疲労感が入り混じってのこの画面。ウラガンキンの時もこんな感じだったような。
IMG_1085.JPG

そしてそのまま二つ名アオアシラに移行。
超特殊につきあっていただけた方がそのまま協力していただけ、途中からロキさんも合流。
かつてないほどのスピードでG1〜超特殊まで攻略してしまいました。
ロキさんの笛でのサポート、ガンナーお二人の安定火力、自分が乗りを狙っての行動がうまいことかみあったのでしょう。
数ある二つ名クエストの中でも過去最速でした、間違いなく。
ウルクススに苦戦していたこととのギャップでちょっと動揺もしていました。w
G5をクリアした時点でこの画面がお目見え。
IMG_1088.JPG
そしてこの勲章。
IMG_1086.JPG

超特殊も無事クリアし、こちらの画面。
IMG_1087.JPG

と、ついに名前の横の冠が赤色の大冠になりました。
IMG_1089.JPG
や、なったからといって、ヘタレハンターなのは変わらないのですが。

そして、野良でプレイしている関係上、身勝手に見える行動になったりしたこともありましたし。
まぁこれからは心に余裕をもってお手伝いしにいきましょうかね。
二つ名クエスト難民はいっぱいいますからね…僕が全二つ名を攻略できたことも運が良かったといえます。
村、集会場クエスト、闘技大会、そして二つ名クエストを全てクリアした時点で、HR353、MHXXのプレイ時間291時間でした。
これは…早い方なのでしょうか?どうなんでしょう。比較はできませんけども…。
MHXでのHRは265、プレイ時間が368時間でした。
HRは単純な合計はできませんが、プレイ時間は足すと659時間ですか。結構やってますねぇ。

何度もご協力、ご一緒してくれた402SPさんには頭が上がりません。
そんな402さんも、気がついたら二つ名をすべて制覇していました。いつのまに…。w

とりあえず目標にしていた二つ名クエストのクリアも終わり、これからのモンハンライフについて、少し考えないといけないですね。
何をしよう。ふむ。
まぁ気楽にのんびり考えましょう。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 21:47| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

二つ名ウラガンキン、ダイミョウザザミを攻略

二つ名クエストの中でも特に難易度の差が顕著だった気がします。

二つ名ウラガンキン、ダイミョウザザミをクリアしました。
とりあえずはいつもの画像を。
IMG_1083.JPG

IMG_1084.JPG

ウラガンキンは数ある二つ名の中でもかなーりストレスがたまりました。
体力の多さ、肉質の固さ、攻撃範囲の広さ…。かなりの難易度でした。
近寄りたくないからガンナーで行くも、この岩飛ばしがガンナーキラー。
岩飛ばしだけならまだしも、岩が爆発した時の範囲の広さは許しがたい。
死角から突然爆風がきて乙ることがしばしばでした。
そして防具も、MHX時はたん掘れことお守り掘りで活躍はしていましたが、今作ではブラキ炭鉱がでたためわざわざ炭鉱夫装備を作る必要もなくなってしまったという。
「なんのためにこれクリアするんだろう」という感情がいつも以上に強かった。。。

一方でダイミョウザザミ。
こちらはさくさくとクリアできました。
直前がウラガンキンだったことがとても関係している気がする。w
まぁそれを差し引いたとしても、戦いやすい相手だったと思います。
乗り攻撃が当てやすいため操虫棍を使用しつつ、顔をおおった時の音爆弾ダウンなどを組み合わせると、こちらのペースに持って行きやすいですね。
貫通弾で蜂の巣にするのもよさそうです。

さてあと残る二つ名は2種。
プーさんことアオアシラこと、うさちゃんことウルクスス。
一癖ある方々でございます。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 07:35| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

二つ名リオレイアを攻略

劇毒のマークがブルーベリーとラズベリーのように見えてしまうのです。

IMG_1082.JPG

二つ名のリオレイアを超特殊までクリアできました。
基本的には、毒に気をつければ対応しやすい相手な印象でした。
突進からの横回転体当たりが意外と攻撃範囲が広いことに注意するのがいいですかね。
尻尾が切れていないと特に。思ったよりも後ろや横にも当たるんですよね。
そして、大ダメージのち、毒でキャンプ送りになるパターン、ありがちな感じでした。
自分が被弾しなくても、誰かが当たった場合、粉塵を惜しみなく使わないとあっという間に、ということもありますので、要注意。

今日昼頃に、残っていたG4からの攻略をするべく部屋を立てたところ、G4クエストの途中でyukiさんが来室。
そのままG5、超特殊までお付き合いしていただけました。ありがとうございます。

G5クエストは、黒炎王、通常ライゼクス、そして紫毒姫という組み合わせ。
困ったのが…
はじめに出ている黒炎王で閃光玉を駆使したい

が、ライゼクスと同時はしんどいからけむり玉を使う

けむり玉使用中は閃光玉が無効になるため、黒炎王が飛んでる時に落とすことができない
という状況。
そんな予感がしたので、なるだけ迅速に黒炎王を処理すべく、ライトボウガンをかつぎ睡眠爆弾、麻痺を初手にぶっこんでダメージをかせぎました。
ライゼクス登場する前にけむり玉をたき、気づかれる前に無事に黒炎王を処理できて一安心。
最後の紫毒姫でも眠らせーの、麻痺らせーの、乗りーのでなるだけチャンスを作るべく尽力。
回避行動で段差に飛び込み、射撃すれば乗り判定の攻撃になるのです。速射対応弾であれば速射もされます。
乗り値を蓄積させ、乗り特有の機敏なダウンをしたらモンスターに近づくことで乗りスタート、という感じです。
たまにガンナーでエリアルでもないのに乗りをすると驚かれるのですが、プレイしていればわかるものだと思っていました…。意外とそうでもないのでしょうか?

残る二つ名は4つ。
アオアシラ、ウルクスス、ダイミョウザザミ、ウラガンキン。
…どれも癖あるなぁ。w

yukiさんありがとうございました!

ではでは。
posted by コバルトブルー at 15:53| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二つ名武器をあれこれ作る

ここまで攻略してきた二つ名モンスターの素材でいくつか武器を作ってみました。
コレクション的な意味合いと、素材・証の消化によってアイテムボックスをあけたいのと、気分転換に他の武器を使う時の実用性と、という目的を重ねて。
MHX時代に作っていたものをそのままG級に限界突破させたのが多いんですけどね。

二つ名ディア大剣
IMG_1074.JPG
でもこれ担ぐなら、島津刀を使った方が・・・。

二つ名ナルガ太刀
IMG_1076.JPG
素紫、デザインのよさで扱いやすい。

二つ名テツカブラ太刀
IMG_1075.JPG
デザイン重視。

二つ名ガルルガ太刀
IMG_1077.JPG
こちらもデザイン重視。薙刀。

二つ名レウス太刀
IMG_1078.JPG
あまった素材の消化でできちゃった。

二つ名レウス片手剣
IMG_1079.JPG
こちらもあまった素材の消化。

二つ名ガルルガ笛
IMG_1080.JPG
デザイン重視。三味線担ぐ忍者。シュール。

二つ名ジンオウガ笛。
IMG_1081.JPG
笛の中でも1、2を争う好みのデザイン。歪んだ音色のギターをかきならす忍者、これまたシュール。

このほか、扇子の形をした二つ名ガルルガの双剣も作ろうと思っているのですが、隻眼の重殻が物欲センサーにひっかかってなかなか集まらない状況です。

この中では、二つ名ナルガ太刀・テツカブラ太刀、ガルルガ笛・オウガ笛を使おうかなと思っています。
実は、笛用の装備マイセットも作ってあるんですけどね。アカム笛とかバルファルク笛で。。。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 06:00| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

二つ名テツカブラ、ナルガ、ガルルガを攻略

テンポよく攻略できたのは偶然です。

二つ名攻略、次なるターゲットはナルガ。
時間差で空から降ってくる棘で事故ることはありましたが、ソニックブームや飛びかかりなどのモーションはわかりやすく、戦いやすい相手ではありました。
人気モンスターなのか、野良でも部屋を立てると人はすぐに集まりました。
おかげでさくさくとクリア。
IMG_1070.JPG

次にガルルガ。
これは402SPさんとそのフレンドさんがお手伝いしていただけて、感謝感謝。
こちらもテンポよくさくさく進みました。
クエスト前に眠らせることを伝えて爆弾持参を促し、少しでも討伐時間を短く=生存率を高く=クエスト成功率を高めるように尽力。
IMG_1071.JPG

そしてテツカブラ。
まさかG級になって、岩をもったままバックドロップしてくるとは思わなんだ。。。
なかなか強烈なモーションでした。もちろん初見では圧死ならぬ圧乙しました。w
後ろ足を狙っているとよく転ぶジンオウガと同じパターンだったので、攻撃チャンスが多く攻略しやすい印象でした。
こちらも402SPさんにお手伝いいただけました。手伝ってもらってばかりで申し訳ない。
IMG_1072.JPG

残っているのがどれも人が集まらなそうなやつばかりだ・・・大丈夫だろうか。w
他人が貼っている二つ名でもクリアが共有されるならこんなことにはならないはずなのに。
自分がクリアしたら手伝ってあげたいところ。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 07:14| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

二つ名ジンオウガをクリア、二つ名10種攻略の王冠を獲得

昨日、二つ名ジンオウガ、金雷公の超特殊をクリアしました。
IMG_1067.JPG

超特殊ではライトボウガン、超鬼ヶ島を装備。
眠らせることをクエスト前に伝えて爆弾を持っていってもらい、開幕で眠爆。
その後麻痺弾で一度麻痺させ、その後は通常弾の速射をメインに立ち回り。後ろ足か顔を狙うのは相変わらず。

勲章はMHX時代にすでについているので、超特殊クリア時の色彩設定が可能になりました、の表示にて証とします。
クリア後、いつもならこれで集会場に戻るのですが、色彩設定が可能になりました、の表示のあとに、こんな表示が。
IMG_1068.JPG

…ん、だからなんなんだろう、と思ったら、名前の前についている冠が大きくなっていました。
IMG_1069.JPG
おそらく、
超特殊を1つでもクリア→小冠
超特殊を10種クリア→大冠
超特殊を全種クリア→大赤冠
という感じなのでしょう。
へっぽこハンターなのに見た目だけ立派になってしまった。

これで残る二つ名は
アオアシラ
ウルクスス
ダイミョウザザミ
リオレイア
テツカブラ
ナルガクルガ
ウラガンキン
イャンガルルガ
の8種類。
とりあえずは超特殊までのクリアを目標にしたい。
動きとして特に慣れているのは、レイア、ナルガあたり。
証がうまいこと足りれば武器を強化しますかね。MHX時代に作ったものがあるので。
…というか二つ名ってトータル18種類もあったのか。多すぎるなぁ。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 07:37| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

二つ名ガムートを攻略、そしてジンオウガへ。

さて、MHXXの話。
ひとまず銀嶺ガムートを超特殊までクリアしました。
IMG_1063.JPG
IMG_1064.JPG
野良でやってはいましたが、ふらっと訪れる402SPさんに大いに手伝ってもらってクリアしました。w
二つ名の中でも特に顕著な体力の多さ、そして攻撃範囲の広さ、読みにくさもあって野良でも失敗すること多数。
僕は貫通ライトボウガンでブシドースタイルで乗り切りました。

IMG_1065.JPG

IMG_1066.JPG

そして気づけばハンターランクが300を超えました。
二つ名メインで攻略していると2戦に1回くらいのペースで1上がって行くので、無駄に上がっていってしまいます。
中身がへっぽこなのは変わりません。
勲章も結構集まってきました。

現在は二つ名ジンオウガを攻略中。
といっても、実はガムート攻略の流れでジンオウガにも手を出したところ、402SPさんと2人でG4まではクリアすることができました。
狩り慣れている、ってすごい。動きがわかるとこんなにスムーズとは。
そして、後ろ足を攻撃しているとよく転ぶこと、顔を攻撃するとひるむこともあって、攻撃チャンスが多いのも助かります。
おととい、G5もクリアし、残すは超特殊のみ。
しかしいよいよ二つ名をやるプレイヤーが少なく、人が集まりません。
どうするかなぁ。

ジンオウガをクリアすれば、二つ名はMHX時代からいる面々の、クエスト受注ページの1枚目のみになります。
スイッチ版のMHXXがでるとかいう話ですが、データの引き継ぎ等の話がわからないのもあるため少し様子見。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 06:54| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

二つ名ギザミ装備とライゼクス装備

一通り揃えてみた二つ名ショウグンギザミとライゼクス装備。
防具合成で見た目も変えてみました。
なんか、自分の中で超特殊クエストをクリアする目的としては、二つ名装備の色彩設定と合成ができるようにするため、というところで落ち着いているんだな、とふと気づく。

まずはランスでのギザミ装備から。
IMG_1053.JPG

IMG_1054.JPG

IMG_1055.JPG

IMG_1059.JPG

今回の見た目は甲冑にしました。
ランスやガンスを担いでガード主体で立ち回るのに、軽装なのはなんか嫌だったので。
武器は素紫でかつスロット、会心率もあるこいつがなかなかいい感じ。
お守りでつけるスキルは、見切りとか攻撃力とかスタミナ回復とかありましたが、とりあえずスタミナ回復を設定。
…あ、強走薬飲めばいいって話か。そしたら空きスロット考えて見切りか攻撃力に変更かな?

ガンランス用
IMG_1056.JPG

IMG_1057.JPG

IMG_1058.JPG
正直なところガンランスはあまり使わないので、とりあえず、という感じなのですが。
ギルドスタイルでないと操作方法が混乱してわからなくなってしまいますし。
お守りの関係で細菌研究者がつきました。まぁ無いよりはいいかな、と。
ガンランスを使う時にはフルバーストを叩き込みたいので、拡散や放射ではなく通常型で。


そして二つ名ライゼクス装備。
IMG_1060.JPG

IMG_1061.JPG

IMG_1062.JPG

和風装備のバリエーションに限界を感じつつある。w
ぜよぜよ装備をメインに仕立ててみました。
ネックなのが、匠スキルが+1であること。
+2か、いっそ匠なしで他の火力スキルだったらよかったのだけど…。まぁそんなもんです。
超会心、連撃がセットなのは嬉しいんですけどね。
お守りでつけるスキルもどうするか迷いました。
理想は業物がつけられるといいんですけどねぇ。残念ながらそんなお守りはありません。
そんなわけでとりあえず研ぎ師つけておきました。


さて、二つ名装備で一式そろえようかな、と思っていたものは揃えられました。
あとはとりあえず、クリアすることを目標に消化していこうか。
どれだけ野良で人が集まるかはわからないけども…。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 07:44| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

二つ名との連戦

今週は二つ名モンスターとよく戦いました。
まずは、二つ名のディアブロス。
とりあえずG5での勲章、そして超特殊クエストのクリアを目標にして望みました。
装備の強化については気が向いたら、ですね。
部屋を立てると割と早く人は集まりました。
ただ、なんというか、対二つ名ディアブロスでの高級耳栓のスキルの重要性を痛感しました。
自分が考えていた以上に、考えていた以上に耳栓をつけずにクエストに臨む人が多かったのですよね。
そして、耳をふさぐモーションが終わる前に突っ込んでくるディアブロスに、そのままキャンプ送りにされる人を何度見たことか。
耳栓スキルを軽視しているのか、マルチで4人でやればすぐに終わるからたいしたことない、と思っているのか、どうなのか…。
まぁ、クリアはしましたが。
幸いにもG5、超特殊の時にはかなりの手慣れの人が集まってくれたため、G5は7分、超特殊は8分でクリアという鮮やかな狩りとなりました。
久々にいい経験をしました。
IMG_3716.JPG

IMG_3714.JPG

そして次、二つ名のショウグンギザミ。
こいつは背中に背負う骨で攻撃パターンが大きく変わるため、慣れが必要です。
グラビの骨の時はノーモーション水レーザーに、ディノバルドの骨の時はディノがやる居合抜きのような溜め回転攻撃と似た動きに注意していれば、まぁそこまで苦労せずに倒せました。
基本は貫通ライトボウガンでべしべし撃っていました。
IMG_1050.JPG

IMG_1049.JPG

装備一式も作成し、フル強化までいきました。
ランス、ガンランスをかつぎたくなったらこいつを使うこととします。
その紹介はまた今度。


さらに、二つ名ライゼクスに挑戦。
こちらも装備一式がなかなか使えそうなので揃えることにしました。
同じ考えの方が多いのか、どのレベルでもスピーディに人が集まりました。
今なら証集め、素材集めで周回とかもしやすそうですね。
しかし、これもディアブロス戦の耳栓スキルと同様、雷耐性のことがネックに。
今作で人気なネセト装備で臨む方が多いのですが、これは雷耐性がマイナス10。
これがクエストのレベルが上がってくるとバカにならないのです。
それをG1クエストで察した自分は、燼滅刃装備にココットの心をつけて雷耐性を20まで引き上げて挑むようにしているのですが。
特に、角からのライトセーバーのようななぎ払い攻撃。あれは危険です。
SF作品でレーザー・熱線で蒸発するようなシチュエーションがありますが、まさにあのようなイメージ。
そのほかにも、引き寄せ電気、地面突き刺し範囲電撃がおっかない。なかなか緊張感の高い戦いです。
こちらも超特殊までクリアしましたが、超特殊で心がけたのは、いかに乗る回数を増やすか、でした。
麻痺武器などは同行者にもいなかったため、操虫棍使いの自分が乗ってどれだけタコ殴りにできるか、早く狩猟できるかを考えて動きました。
3回ほど乗ったところで無事クリア。よかったよかった。
IMG_1052.JPG

IMG_1051.JPG

さて、次の動きとしてはライゼクス装備がまだフル強化できてないのでそれを済ませ、それに合う武器を検討。
そのあとはまた何かの二つ名に挑もうと思います。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 07:33| Comment(0) | MHXX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする