2014年11月04日

クエスト:モンスターハンター をクリア

昨日の話になりますが。

クエストの『モンスターハンター』をクリアし、G級の集会場クエストをすべてクリアできました。
最後のモンスターハンターについて、備忘録。

いくら自分で部屋を作って野良の人を募ってみても、一向に人が集まりませんでした。
販売時期から考えて、プレイ状況としてモンスターハンターがでるまで進んでいない人も多いと思いますし、また、クエストがでていたとしても、あまり見返りはないかもしれないので、プレイする人は少なそうです。
竜人商品がふえるわけでもないですしね。。

で、野良で部屋を探してみた結果、なんとか見つけて飛び込む。
ハンターランクが800くらいの人が一人、クエストをはっていました。
受注してしばらく待っていましたが誰もこず。
出発準備ができたことを知らせると、行きますか?、とチャット。
お任せします、と返答し、失敗前提で下見的な形で臨もうと思いました。

結局2人でスタート。
ティガレックス狂竜化→ジンオウガ+ブラキ(共に狂竜化)→最初から角がでた状態のゴアマガラ→極限セルレギオス、の流れでした。
最初のティガレックスは無難に突破。
続くジンオウガとブラキさんですが。
このクエスト、闘技場でのクエストなのですが、柵での分断ができません。
パートナーの人がティガレックスの姿が消えたと同時にけむり玉使用。
ジンオウガのみにちょっかいを出し、けむり玉で分断したまま撃破することに成功。
続くブラキさんでパートナーの人が一乙。粘菌が付いた状態でフックをくらったようでした。

ブラキさんを撃破したときに、「この機会を逃したらもうクリアできない気がする」と思い、気合を入れ直す。w
ゴアマガラはパートナーの人と順番に罠ではめてかなり安全に倒すことができました。

そして、極限セルレギオス。
極限化を解除するまでは粉塵が乱れ飛ぶ荒場になりました。さすがに集中力がとぎれつつあったので。
尻尾を切り、足元を狙って転倒させながらのプレイ。
再極限化後、強引に乗り攻撃を当てて乗り状態にできたことも功を奏し、トータル25分ほどでクリア。

まさかまったくの見ず知らずの人とこれだけ協力して、かつ2人でクリアできるとはおもわず、達成感もひとしお。
これもモンハンの醍醐味なのかもしれません。


さて、今後はまた装備品の整えに勤しむとします。
モノは試しにと作ってみた、真打、業物、挑戦者2、力の解放1という装備が破壊力抜群でした。
G級の探索でもがしがし倒せてしまう・・・。
回避性能ある装備とくらべ、手数をおさえ、ヒットアンドアウェイをより一層意識しながらのプレイにはなりますが。
そうしないと被弾が多くなり過ぎてしまう。。。


さて、ここまででプレイ時間はおよそ100時間ほど。
ここからギルクエやらなんやらの、終わりのない狩りが始まります。
さーて、気ままにやっていきますかね。

ではでは。
posted by コバルトブルー at 20:58| Comment(0) | MH4G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする